プロペラファンからシロッコファンへのリフォーム

今のキッチンにプロペラファンが設置してある場合、これはキッチンリフォームでプロペラファンからシロッコファンへリフォームすることは可能です。基本的にファンというのは、同じ種類においてリフォームするほうが費用は安くなります。違う種類のファンへリフォームする場合は構造が変わってくるので、それだけ工事の規模が大きくなりがちだからです。もし、プロペラファンからシロッコファンへリフォームを検討しているなら、フードを取り付けるかどうかなど、ファンの性能を考慮しながらサービスを選び、工事費用にも注目しておくようにしましょう。建物の構造によっては、プロペラファンからシロッコファンへリフォームする際に結構大きな費用が掛かるケースがあります。その場合、今のプロペラファンを採用する方がコストパフォーマンスが良いことが多いです。

シロッコファンの取り付けは工賃を比較すること

これからキッチンリフォームでシロッコファンを取り付けるという方は、しっかりと工賃を比較しておきましょう。まず、商品自体は通販サイトなど、様々なところで商品を見つけることが出来るので、しっかりと最適な商品を探しておきましょう。一般的には商品だけを単体で購入して工事業者を探すというよりは、購入したお店で取付工事を依頼するケースが圧倒的に多いです。また、購入したお店が工事をしていなくても、お店によって委託業者を用意していることが多いので覚えておくと良いです。業者によって工賃が違います。特にシロッコファンというのは建物の構造によっては取り付け工事が大規模となることがあります。どのような工事が必要でも、しっかりと工事費用を比較しておけば、安い工賃で工事をしてくれる業者を見つけることが出来るので覚えておくと良いです。

現代の台所で活躍するシロッコファン

シロッコファンはフィンと呼ばれる羽が円筒状に並び、その円筒が回転することで、中心部から空気を吸い込む仕組みになっています。そして近年ではこのファンも、家庭の台所用換気設備として用いられています。従来の台所は壁面にコンロやシンクなどが横に並んだレイアウトが一般的でしたが、現在では調理中でも会話が楽しめる対面型なども、人気の台所になっています。このタイプではコンロが壁から離れる場合もあり、そのレイアウトでは換気用に、このファンが用いられることも多くなっています。シロッコファンはダクトを敷設することで壁以外にも設置できますから、コンロが壁から離れていても問題無く換気できます。さらにインテリア的にも魅力的なアイルランドキッチンなども、換気設備としてシロッコファンが取り付けられることが一般的になっています。

クロスフローファンは、タンジェンシャルファン、横流ファン、貫流ファンなどと呼ばれることがあります。 設立年月日は、1965年4月です。 小型量産から大型特注タイプまで実に様々なサイズおよび形式(シロッコファン・クロスフローファン・ターボファン・軸流ファン)の送風機をラインナップしています。 製造設備、検査、試験設備等の増強と充実、さらにコストの低減を目標に日々努力を続けています。 シロッコファンの製品一覧はこちらからチェック!