換気扇や空調装置において使われている送風システムに関しては、シロッコファンやプロペラファンがございます。また、一般住宅などにおいてよく見かけるようなプロペラファンについては、単純な羽根を回して空気を送り出していく仕掛けであり、外に面している壁に直接取り付けていきます。また、構造が簡単であるため掃除がしやすく、吸い込んでいく力も強い反面として、騒音に関しては大きく、外の風が強い場合については影響を受けやすいといったデメリットもございます。また、シロッコファンに関しては幅が狭いいくつかの羽根を縦方向に並べてから回転させていく送風機となっています。そして、吸い込んでいる空気はダクトを通して外に排出されていきます。しかし、風量は多いものの吸い込んでいく力は弱く、ダクトが長ければ効率が悪くなるでしょう。なお、構造が複雑であり、掃除がしにくいといった点はデメリットとなっています。ただし、騒音に関しては小さく、排気を自由に曲げられていくといったメリットがあります。

シロッコファンの長所と短所と適材場所は

コンロの上に設置されるレンジフードにはレシプロタイプとシロッコファンの2種類が存在します。前者は羽根で空気を吸引するタイプで、後者はシロッコというギザギザした円筒型の部品で空気を吸引するやりかたとなります。この2種類はそれぞれ長所と短所があります。シロッコファンの長所はレシプロ式に比べて吸引性能がいいこと、そして取り付け場所に制限がないことです。レシプロ式の場合は外壁に穴を開け、そこの至近に羽根を設置して排気をするため、適した取り付け場所が限られ、戸建て住宅の外壁に直接面したところとなります。それ以外のマンションのような高層階ではビル風が強いし、コンロが外壁に直接面してない部屋の中央部分だったりなどには適しません。シロッコ式の場合、吸い上げた空気はどこへ排出するかというと、もちろん建物の外部なわけですが、その排気は空気ダグトを介して排出するため、取り付け場所に制限がありません。ただ掃除がレシプロ式に比べて面倒なのと購入コストが高価になるのが難点となります。

シロッコファンの掃除は非常に簡単です。

シロッコファンの掃除は非常に簡単ですから、誰でも行うことができます。そして慣れてくれば、短時間で行うことができるようにもなります。最近ではインターネットが普及していますから、シロッコファンの掃除の仕方をまとめているサイトなどを簡単に検索することができますし、短時間で掃除する方法も掲載しています。ですから誰でも簡単に掃除を行うことができますから、心配する必要は全くありません。しかしシロッコファンの掃除を行う際は、肌荒れを防止するためにも、必ずゴム手袋を使用するようにしましょう。そうすれば安心して掃除を行うことができるようになりますし、怪我をする心配もしなくて済みます。そして床などが汚れないように新聞紙も大量に準備するようにしましょう。そうすれば作業がもっと効率良くなるのではないかと考えられます。